次の作品へ  作品紹介へ戻る

ラヴェンダーの咲く庭で Ladies in Lavender
作曲者:ナイジェル・ヘス NIgel Hess
編曲年月:2008年7月
編成:Violin, Violoncello
   2Violoncellos
演奏時間:4分
楽譜:1,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(3’46’’) ラヴェンダーの咲く庭でVn.Vc.二重奏(YouTube)

[曲目解説]
2004年のイギリス映画「ラヴェンダーの咲く庭で」(日本公開は2005年)。
イギリスを代表するアカデミー賞に輝く二大女優、ジュディ・デンチとマギー・スミス主演による、
広大な自然に囲まれた美しいイギリスの海辺の町を舞台に織りなす
大人たちのおとぎ話(フェアリー・テール)です。
美しい風景を背景に、ふたりの老姉妹の人生を描いたこの映画の音楽は、
イギリスで作曲家、指揮者として広く知られるナイジェル・ヘスが担当しました。
ヴァイオリンの美しいテーマ曲は、ストーリーと風景に寄り添うように心を打つ旋律を奏でます。
同じメロディーを短調にした楽曲で、映画の中で使われている
「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー」という曲がありますが、
販売している譜面は長調の、映画のテーマ曲「ラヴェンダーの咲く庭で」です。

今回は、この曲をヴァイオリンとチェロの二重奏のために編曲しました。
また、ヴァイオリンパートをオクターブ下げてチェロで演奏できるようにした譜面も添付しました。

その他リクエストにより、ヴァイオリン、オーボエ、ピアノの三重奏、
オーボエとチェロの二重奏としても編曲しました。