次の作品へ  作品紹介へ戻る

「王様のレストラン」序曲 Ouverture de Restaurant de Roi
作曲者:服部隆之
編曲年月:2009年5月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,
   5Percussions(Timpani/Glockenspiel/Xylophone/Suspended Cymbal/Triangle, Tambourine)
   賛助打楽器なしでも演奏できるように小音符を加えてあります
演奏時間:2分
初演:同志社香里中高マンドリンクラブ(2009年1月)
楽譜:2,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(1’56’’) 「王様のレストラン」序曲(YouTube)

[曲目解説]
この曲は、1995年にフジテレビで放送されたTVドラマ「王様のレストラン」のテーマ曲です。
作曲は服部隆之氏。脚本家の三谷幸喜氏と一緒に仕事をした初めての作品で、
以後「新選組!」「ラヂオの時間」「オケピ」など三谷作品にはなくてはならない存在となっています。
この曲は、ドラマの中ではレストラン「ベル・エキップ」の開店の場面などに使われ、
2004年にはサントリーモルツのCMにも使用されました。
今でもテレビ番組などで、豪華な料理が紹介される時にBGMとしてよく使用されています。
とても華やかな響きで、曲が始まると同時に気持ちがワクワクしてきます。
今回は、ドラマのサウンドトラックに収録されている「『王様のレストラン』序曲」と
「『王様のレストラン』テーマ」を元に編曲しました。

この曲は、 同志社香里中高マンドリンクラブの委嘱により編曲し、第39回定期演奏会で初演された
「服部隆之メドレー」の中から抜粋して再構成したものです。
ほとんどがレストラン内に限定された舞台設定はとても新鮮でした。
毎回ドラマの最後に、「それはまた、別の話」とナレーションが入るのも印象的でした。