次の作品へ  作品紹介へ戻る

古賀政男メドレー
作曲者:古賀政男
編曲年月:2010年11月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,
   2Percussions(Cajon/Suspended Cymbal, Sleigh Bells, 鉦(Triangle), Timpani, Wood Blocks)
   賛助打楽器なしでも演奏可能です

演奏時間:11分
初演:マンドリンアンサンブルいずみ(2011年9月)
楽譜:6,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(10’45’’) 古賀政男メドレー(YouTube)
[試聴(YouTube)]
全曲(演奏動画)(11’06’’) 
古賀政男メドレー(YouTube)
演奏:盛岡市民マンドリンクラブ(第34回コンサートより)

[曲目解説]
昭和時代を代表する作曲家、古賀政男氏は多くの流行歌を生み出し、
今なおさまざまな歌手によって歌い継がれています。
明治大学マンドリン倶楽部を創設し、ギタリストとしても活躍した古賀氏の楽曲には、
伴奏にマンドリンやギターの音色がよく登場します。
数あるヒット曲の中から、11曲を選びメドレーにして編曲しました。使用楽曲は以下の通りです。
楽曲を歌った代表的歌手と発表年を併記しました。

東京ラプソディ(藤山一郎)1931年
青春サイクリング(小坂一也)1957年
サーカスの唄(松平晃)1933年
東京五輪音頭(三波春夫)1963年
二人は若い(ディック・ミネ、星玲子)1935年
影を慕いて(藤山一郎)1932年
人生劇場(楠木繁夫)1938年(村田英雄)1959年
人生の並木路(ディック・ミネ)1937年
誰か故郷を想わざる(霧島昇)1940年
柔(美空ひばり)1964年
丘を越えて(藤山一郎)1931年

編曲するにあたり、原曲のイメージを大切にして懐かしんでもらえるように心がけました。
「影を慕いて」はギターソロの伴奏にマンドリンソロがメロディを歌います。
「人生劇場」は大正琴の合奏をイメージしました。
「丘を越えて」はイントロからエンディングまでフルコーラス収録しています。

この曲は、マンドリンアンサンブルいずみの委嘱により編曲し、第4回演奏会で初演されました。
懐かしいメロディに口ずさみながら聴き入るお客様の様子が印象的でした。