次の作品へ  作品紹介へ戻る

ガールズメドレーVol.1
作曲者:下記参照
編曲年月:2011年11月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,
   3Percussions(Drum Set/Glockenspiel, Timpani/Tambourine, Castanets) 賛助打楽器なしでも演奏可能です
演奏時間:12分
初演:同志社香里中高マンドリンクラブ(2012年1月)
楽譜:6,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(11’33’’) ガールズメドレーVol.1(YouTube)

[曲目解説]
今や国民的なアイドルグループとなったAKB48。
2011年には「フライングゲット」で日本レコード大賞を受賞しました。
大人数でしっかり揃ったダンスフォーメーションは見応えがあり、
楽曲もキャッチーなメロディと歌詞で、つい口ずさんでしまいます。
数ある楽曲の中から17曲をメドレーにして編曲しました。使用楽曲は以下の通りです。
 スカート、ひらり(岡田実音作曲)
 Everyday、カチューシャ(井上ヨシマサ作曲)
 大声ダイヤモンド(井上ヨシマサ作曲)
 10年桜(井上ヨシマサ作曲)
 RIVER(井上ヨシマサ作曲)
 風は吹いている(河原嶺旭作曲)
 桜の栞(上杉洋史作曲)
 桜の花びらたち(上杉洋史作曲)
 涙サプライズ!(井上ヨシマサ作曲)
 言い訳Maybe(俊龍作曲)
 ポニーテールとシュシュ(多田慎也作曲)
 上からマリコ(川浦正大作曲)
 Beginner(井上ヨシマサ作曲)
 フライングゲット(すみだしんや作曲)
 チームB推し(吉野貴雄作曲)
 会いたかった(BOUNCEBACK作曲)
 ヘビーローテーション(山崎燿作曲)

この曲は、 同志社香里中高マンドリンクラブの委嘱により編曲し、第42回定期演奏会で初演されました。
初演では、曲の構成を活かすメリハリの利いた演奏に加えて、
生徒さんの演出やダンスが見事で、演奏終了後の拍手がとても大きかったのが印象的でした。

また、ARTE TOKYOのNEW YEAR CONCERT2012のオープニングでは、
このメドレーの中の5曲を再構成したものが演奏されました。
この時のダンスも切れがあって、盛り上がりました。

さらに、2012年の龍谷大学マンドリンオーケストラのポップスコンサートでは、
上記から構成曲を変更したバージョンが演奏されました。
女子学生、男子学生のダンスと、元気のいい掛け声で、楽しい演奏でした。