次の作品へ  作品紹介へ戻る

サウンドオブミュージックメドレー “The Sound of Music” MEDLEY
作曲者:リチャード・ロジャース Richard Rodgers
編曲年月:2005年4月
編成A 初演版
   :Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,

    5Percussions(Glockenspiel/Timpani, Bass Drum/Suspended Cymbal, Cymbals, Wood Blocks, Claves,
           Castanets/Triangle, Snare Drum, Maracas/Tambourine, Agogo-Bells, Sleigh-Bells,
           (Bass Drum)) 賛助打楽器なしでも演奏は可能です
編成B フルート加筆版
   :Flutes1,2, Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,

    5Percussions(Glockenspiel/Timpani, Bass Drum/Suspended Cymbal, Cymbals, Wood Blocks, Claves,
           Castanets/Triangle, Snare Drum, Maracas/Tambourine, Agogo-Bells, Sleigh-Bells,
           (Bass Drum)) 賛助打楽器なしでも演奏は可能です      
編成C いずみ版
   :Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,

    2Percussions(Timpani, Snare Drum, Wood blocks, Sleigh Bells, Castanets, Wind Chimes, Claves/
           Suspended Cymbal, Glockenspiel, Cymbals, Agogo-bells, Vibraphone)
演奏時間:13分

初演:編成A ARTE MANDOLINISTICA(2005年7月)
   編成B 東北大学学友会マンドリン楽部(2007年12月)
   編成C マンドリンアンサンブルいずみ(2008年7月)

楽譜:6,000円(スコア、パート譜)
   3種類の編成の楽譜がありますので、ご注文の際はA、B、Cいずれかをご指定下さい。
CD:「ARTE MANDOLINISTICA 2005演奏曲集」に収録(編成A)

   「東北大学学友会マンドリン楽部 第41回定期演奏会」に収録(編成B)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(12’30’’) サウンドオブミュージックメドレー(YouTube)(編成A)

[曲目解説]
「サウンド・オブ・ミュージック」は、第2次世界大戦前夜、ナチの台頭を避け、オーストリアからアメリカに亡命した
トラップ一家の実話を元にして1959年に作られた傑作ミュージカルです。これを元に制作された

映画は1965年アカデミー賞を受賞、今でも世界で再演され、多くの人に感動を与え続けています。
作詞はオスカー・ハマースタイン2世、作曲はリチャード・ロジャースの黄金コンビ。この二人による
親しみやすい楽曲は、ミュージカルを離れてスタンダードナンバーとして広く歌われていますが、
その中から「ドレミの歌(Do-Re-Mi)」「ひとりぼっちの羊飼い(The Lonely Goatherd)」
「エーデルワイス(Edelweiss)」「私のお気に入り(My Favorite Things)」
「すべての山に登れ(Climb Ev'ry Mountain)」「サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)」
の6曲を選び、メドレーに仕立てました。
(東北大学学友会マンドリン楽部第41回定期演奏会プログラムより)

このメドレーは、ARTE MANDOLINISTICAの委嘱により編曲したもので、
2005年7月に京都で行われたPOPS CONCERTで初演されました(編成A)。
各パートにメロディがあり、原曲の面影を強く残したもの、全く新しくアレンジされたもの、
いろいろバラエティにとんだ編曲になったと思います。

その後、東北大学学友会マンドリン楽部からの依頼で、フルートパートを加筆編曲した楽譜もあります(編成B)。
既存のスコアにフルートパートを書き足したのではなく、
フルートの良さを活かすために全てのパートに手を加えました。

さらに、マンドリンアンサンブルいずみからの依頼で、
初心者でも合奏に参加できるように技術的に易しく書き直した楽譜もあります(編成C)。
構成はそのままに、細かい動きを工夫して減らしました。
また、パーカッションも2人で演奏できるように変更してあります。