次の作品へ  作品紹介へ戻る

ウィー・アー・ザ・ワールド WE ARE THE WORLD
作曲者:マイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチー Micheal Jackson, Lionel Richie
編曲年月:2009年11月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Mandolone, Contrabass
演奏時間:5分
初演:名古屋大学ギターマンドリンクラブ(2009年12月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(5’10’’) ウィー・アー・ザ・ワールド(YouTube)

[曲目解説]
この曲は、アフリカの飢餓と貧困層を解消する目的で作られたキャンペーンソングです。
作詞・作曲はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーの共作で、
このキャンペーンに賛同したアーティストらが集結し、
1985年、「USA for Africa」として発売されました。
この曲の印税は全てアフリカの飢餓と貧困層解消のために、チャリティとして寄付されました。
この編曲ではメロディは、それぞれのパートを歌ったアーティストが思い浮かぶようにしました。
また、後半にはそれぞれの楽器が一人ずつで演奏する箇所があります。

これは、名古屋大学ギターマンドリンクラブの委嘱によりアンコール用に編曲したものです。
それぞれの楽器が一人ずつ演奏する箇所は、
初演では、部員のスタッフの代(3年生)のみで演奏されました。