次の作品へ  作品紹介へ戻る

愛の讃歌 Hymne á L’amour
作曲者:マルグリット・モノー Marguerite Monnot
編曲年月:2010年4月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:3分
初演:大阪市立大学ギターマンドリンクラブ・京都教育大学マンドリンクラブ(2010年5月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(3’27’’) 愛の讃歌(YouTube)

[曲目解説]
この曲は、フランスの国民的シャンソン歌手エディット・ピアフの代表曲で、
シャンソンの名曲として世界中で親しまれています。
エディット・ピアフの波瀾万丈な人生は、映画や演劇にもなりました。
日本では、越路吹雪氏、美輪明宏氏、本田美奈子.氏の歌唱が特に有名です。
今回編曲するにあたり、一曲の中でマンドリンオーケストラのいろいろな響きを楽しめるようにしました。

この曲は 大阪市立大学ギターマンドリンクラブと京都教育大学マンドリンクラブの、
ジョイントコンサートのアンコールのために編曲しました。
シャンソンは歌い手の個性が前面に出るので、いろいろな表現があって興味深いです。