次の作品へ  作品紹介へ戻る

恋はみずいろ L’Amour Est Bleu
作曲者:アンドレ・ポップ Andre Popp
編曲年月:2009年9月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,
   2Percussions(Maracas/Claves) 賛助打楽器なしでも演奏可能です
演奏時間:2分
初演:マンドリンアンサンブルいずみ(2010年7月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(2’23’’) 恋はみずいろ(YouTube)

[曲目解説]
この曲は1967年、フランスのヴィッキーの歌唱により発表されましたが、
1968年にポール・モーリア編曲のインストゥルメンタルのナンバーが大ヒットし、
日本でも有名になりました。
森山良子氏や天地真理氏の歌でも聞くことができ、音楽の教科書にも掲載されています。
今回は、ポールモーリア楽団のアレンジを元に編曲しました。
ピッキングとトレモロを使い分け、チェンバロと弦セクションの響きを再現しました。

この曲はマンドリンアンサンブルいずみの委嘱により、
「ポールモーリア組曲」の1つとして編曲したものです。
初演はホールの響きも相まって、とても優しく柔らかい音色で演奏していただきました。