次の作品へ  作品紹介へ戻る

タラのテーマ Tara’s Theme
作曲者:マックス・スタイナー Max Steiner
編曲年月:2010年10月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,
   2Percussions(Timpani/Suspended Cymbal) 
演奏時間:3分
初演:マンドリンアンサンブルいずみ(2011年9月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(3’19’’) タラのテーマ(YouTube)

[曲目解説]

この曲は、1939年に公開されたアメリカ映画「風と共に去りぬ」のテーマ曲です(日本公開は1952年)。
南北戦争時代のアメリカを舞台に、スカーレット・オハラという女性の波瀾万丈な人生を描いたもので、
3時間42分という超大作映画でした。
マックス・スタイナーが手がけたテーマ曲は、壮大なストーリーにふさわしい、
力強く雄大なメロディで、映画を離れていろいろな場面で使用されています。
後に、この曲に歌詞をつけ「My Own True Love」というタイトルで歌にもなりました。
今回は、映画のオリジナルスコアを元に編曲しました。

この曲は、マンドリンアンサンブルいずみの委嘱により、
「映画音楽の名曲を集めて」の1曲として編曲したものです。
初心者の団体であることを考慮し、技術的に易しく編曲されています。
「風と共に去りぬ」は、日本では舞台やミュージカルとして何度も上演されていますが、
私は大地真央氏のオハラのイメージが強いです。