次の作品へ  作品紹介へ戻る

エデンの東 East Of Eden
作曲者:レナード・ローゼンマン Leonard Rosenman
編曲年月:2010年10月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:3分
初演:マンドリンアンサンブルいずみ(2011年9月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(2’59’’) エデンの東(YouTube)

[曲目解説]

この曲は、1955年に公開されたアメリカ映画「エデンの東」のテーマ曲です。
ジェームス・ディーンが初主演し、屈折した少年の心の動きを見事に演じて、
瞬く間にスターになりましたが、同年事故により24歳の若さで亡くなりました。
音楽を担当したレナード・ローゼンマンは、
同じくジェームス・ディーン主演の映画「理由なき反抗」や、SF映画、西部劇、
テレビ番組「コンバット」などさまざまなジャンルの作品で作曲しています。
三拍子の美しいシンプルなメロディが心を打ちます。
この曲を、当時ヒットしたビクター・ヤング・オーケストラのバージョンを元に編曲しました。

この曲は、マンドリンアンサンブルいずみの委嘱により、
「映画音楽の名曲を集めて」の1曲として編曲したものです。
初心者の団体であることを考慮し、技術的に易しく編曲されています。
映画音楽で名曲と呼ばれるものは、さまざまな楽団やアーティストにより編曲、演奏されていますが、
この委嘱編曲「映画音楽の名曲を集めて」では、お客様の思い出により寄り添うよう、
なるべく発表当時によく流れたバージョンを元に編曲しています。