次の作品へ  作品紹介へ戻る

トロイメライ Träumerei -Kinderszenen Op.15
作曲者:シューマン R. Schumann
編曲年月:1998年
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:2分
初演:中部大学マンドリンクラブ(1998年12月)
楽譜:1,000円(スコア、パート譜)

[試聴(MP3ファイル)]
全曲(デモ音源)(2.2MB 2’22’’) Traumerei.mp3

[曲目解説]
シューマンは1838年に「子どもの情景」という13曲からなるピアノ小品集を作曲しました。
この曲はその中の7曲目に位置しています。
楽譜では1ページで終わる小曲ながら、シューマンの全作品中で
最も親しまれている傑作と言えるのではないでしょうか。
トロイメライとはドイツ語のトラウム(夢)から派生した語で、
「夢を見ること」「夢想」の意味を持っています。
編曲するにあたっては、奇をてらわずに原曲のもつ優しい雰囲気を残しながら、
各パートの音色を味わうことができるように意識しました。
各パート一人ずつのアンサンブルでも演奏可能です。

この曲は、中部大学マンドリンクラブ第33回定期演奏会のために編曲したものです。
「夢」といえばドビュッシーの「夢想」も、
マンドリンオーケストラで演奏したことがあります(岡本泉編曲)。