次の作品へ  作品紹介へ戻る

歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より間奏曲
作曲者:マスカーニ Pietro Mascagni
編曲年月:2010年9月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:3分
初演:マンドリンアンサンブルいずみ(2011年9月)
楽譜:2,000円(スコア、パート譜)

[試聴(MP3ファイル)]
全曲(デモ音源)(3.8MB 2’39’’) Cavareria.mp3 

[曲目解説]
マスカーニが25歳の時に作曲コンクールに応募して一位入選した作品で、
出世作であり代表作となった歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」。
「カヴァレリア・ルスティカーナ」とは田舎の騎士道という意味だそうです。
この曲は、その中で流れる間奏曲です。美しい旋律と響きが魅力的で、
現在ではオペラとは関係なく独立した演目として演奏されることが多いです。
また、歌詞をつけて「マスカーニのアヴェマリア」として歌われることもあります。

この曲は、マンドリンアンサンブルいずみの委嘱により編曲したものです。
初心者の団体であることを考慮し、技術的に易しく編曲されています。