次の作品へ  作品紹介へ戻る

マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン My Heart Will Go On
作曲者:ジェームズ・ホーナー James Horner
編曲年月:2018年7月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:4分
初演:同志社女子中高マンドリンクラブ(2018年10月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(4’28’’) マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(YouTube)

[曲目解説]

この曲は、1997年に公開された映画「タイタニック」の主題歌です。
セリーヌ・ディオン氏が歌い、アカデミー歌曲賞を受賞しました。
映画「タイタニック」は、実際に起きた豪華客船タイタニック号の海難事故を題材に、
旅の青年と貴族の娘のロマンスが描かれます。
船首で主役の二人、ジャックとローズが手を広げるシーンは非常に有名です。
映画は世界の歴代興行収入の第2位となりました(2018年現在)。
そして、主題歌の「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も同様に大ヒットし、
セリーヌ・ディオン氏の代表曲となりました。
転調して最後のサビに入った時の高揚感が印象的です。
この曲を、マンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
原曲の構成に沿い、静かに始まり少しずつ盛り上がっていきます。


この曲は、映画音楽メドレーの中の1曲だったものを、
同志社女子中高マンドリンクラブの委嘱により単独の形に再編曲し、
2018年10月の文化祭にて初演されました。
楽譜を頒布するにあたり、1コーラスとサビのみだったものをフルサイズに再構成しました。