次の作品へ  作品紹介へ戻る

残酷な天使のテーゼ
作曲者:佐藤英敏
編曲年月:2018年7月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:4分
初演:同志社女子中高マンドリンクラブ(2018年10月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(4’01’’) 残酷な天使のテーゼ(YouTube)

[曲目解説]
この曲は、TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌です。
1995年に放送が始まった「新世紀エヴァンゲリオン」は、斬新なストーリーが話題となり、
その後TVシリーズや、劇場版などで続編が作られました。
この曲は、哲学的な歌詞、「少年よ神話になれ」という特徴的なフレーズ、
メロディのキャッチーさと、高橋洋子氏の伸びやかで力強い歌声で、
TVアニメ終了後も親しまれ、現在まで歌われ続けています。
この曲をマンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
すべてのパートにメロディがあります。
また、「新世紀エヴェンゲリオン」は、劇中にクラシック音楽を多く使用しているのにちなみ、
対旋律などにアニメで使われたクラシック曲のモチーフをちりばめました。

この曲は、2014年に同志社香里中高マンドリンクラブの委嘱により
「アニメソングメドレー」の中の1曲として編曲しました。
その後、同志社女子中高マンドリンクラブの委嘱により単独の形に再編曲しました。
楽譜頒布にあたり、再編曲の際に時間の都合でカットした部分を挿入して、フルサイズに再構成しました。
「エヴァンゲリオン」をイメージした、JR西日本の新幹線500系「500 TYPE EVA」に
一度乗ってみたかったです。