次の作品へ  作品紹介へ戻る

オンブラ・マイ・フ Ombra mai fú
作曲者:ヘンデル Georg Friedrich Händel
編曲年月:2008年9月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:5分
初演:マンドリンアンサンブルいずみ(2009年2月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(MP3ファイル)]
全曲(7.2MB 5’18’’) Ombra_mai_fu.mp3
演奏:マンドリンアンサンブルいずみ(第2回演奏会より)

[曲目解説]
ヘンデル作曲のこの曲は、オペラ「セルセ」第1幕第1場の中のアリアです。
この曲の速度記号から「ラルゴ」とも呼ばれています。
今ではオペラはほとんど上演されませんが、この曲は独立して様々なシーンで演奏されています。
タイトルは「安らぎの木陰」「懐かしい木陰」と訳されることが多いです。

この曲は、マンドリンアンサンブルいずみの委嘱により編曲したものです。
初心者の団体であることを考慮し、技術的に易しく編曲されています。
メロディの美しさを尊重し、各パートがメロディを受け持つように配置しました。
全体は2コーラス分の長さになっています。