次の作品へ  作品紹介へ戻る

エニグマ変奏曲第9変奏「ニムロッド」
作曲者:エルガー Edward Elgar
編曲年月:2011年10月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:3分
初演:トヨタ自動車ギターマンドリンクラブ(2011年12月)
楽譜:2,000円(スコア、パート譜)

[試聴(MP3ファイル)]
全曲(デモ音源)(4.7MB 3’14’’) Nimrod.mp3

[曲目解説]
「エニグマ変奏曲」は、正式名を「創作主題による変奏曲」といい、
「この変奏曲には、作品中に表れない謎(エニグマ)の主題が使われている」と作曲者自身が
語ったことにより、この通称で呼ばれています。
14の変奏からなり、それぞれ親しい友人達に宛てた肖像画となっています。
その中で第9変奏は美しく心に響く旋律で、人気が高く単独で演奏されることも多いです。
「ニムロッド」とは楽譜出版社のアウグスト・イェーガーに、作曲者がつけた愛称です。
この曲を、マンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
始まりはギターのdiv.になっています。

この曲は、トヨタ自動車ギターマンドリンクラブの委嘱により編曲したものです。
初演では少人数で演奏されることになっていたので、始まりのギター以外にdiv.がないようにしました。