次の作品へ  作品紹介へ戻る

炎のランナー Chariots of Fire
作曲者:ヴァンゲリス Vangelis
編曲年月:2016年12月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:4分
初演:同志社女子中高マンドリンクラブ(2017年1月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(3’32’’) 炎のランナー(YouTube)

[曲目解説]

この曲は、1981年に公開されたイギリス映画「炎のランナー」のメインテーマです。
イギリス人になるために走るユダヤ人のハロルド・エーブラムスと、
神のために走るスコットランド人のエリック・リデルという実在の2人のランナーが主人公です。
映画は第54回アカデミー賞作品賞を受賞し、音楽もアカデミー賞作曲賞を受賞しました。
この曲は2012年のロンドンオリンピックの開会式や表彰式で使用されたほか、
スポーツ関連の映像やゲームのBGMとしても使用されています。
作曲は、ギリシャの作曲家ヴァンゲリス。
ほかにも「ブレードランナー」「南極物語」などの音楽を担当しています。
この曲を、マンドリンオーケストラの編成に編曲しました。


この曲は、同志社女子中高マンドリンクラブの委嘱により編曲し、第47回定期演奏会にて初演されました。
原題の「Chariot」は、古代ギリシャ・ローマの二輪戦車(馬車)という意味で、
「Chariot of fire」はイギリスの愛国歌「エルサレム」の歌詞から引用されました。