次の作品へ  作品紹介へ戻る

Just Move On!ー前へー
作曲年月:2016年8月
編成:Flute, Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:10分
初演:東北大学学友会マンドリン楽部(2016年12月)
楽譜:6,000円(スコア、パート譜)
CD:「東北大学学友会マンドリン学部 第51回定期演奏会」に収録

[試聴(YouTube)]
全曲(演奏動画)(9’54’’) 
Just Move On!ー前へー(YouTube)
演奏:東北大学学友会マンドリン楽部(第51回定期演奏会より)

[曲目解説]
仲間と一緒に何かを続けていくということは、なかなか難しいものです。
意見の相違があったり、それぞれの個人のモチベーションの差があったり。
一人一人が常に前向きに100%の気持ちで進んでいくことは、現実的に難しい。
生活していく中ではいろいろなことがあるわけで、ときには後向きな気分になることもあります。
そんなときに、一緒にいてくれる仲間同士で助け合い、お互いの意見を認めつつ、
気持ちを一つにしていることで、さらに結束力が生まれたりします。
そして、前へ一歩踏み出すことで新たな世界が広がっていきます。

この曲には、新たな一歩を踏み出す気持ちをたくさん込めました。
明るい曲調やリズムであったり、曲を通して少しずつ加速していくテンポであったり。
曲を聴き終わったときにふっと気持ちが軽くなるような、
辛いことがあったときもちょっとだけ笑顔になれるような、
そんな曲にしたいと思いながら作曲しました。
モチーフは、フルートが最初に奏でる旋律の最初の4つの音「Es(S)-E-D-A」が核になっています。
これは、「SENDAI(仙台)」の中の音名になるアルファベットを選んでつなげたものです。
すべてのメロディが、ここから生まれました。曲の最後も、このモチーフで終わります。
タイトルについては、「前へ進もう」という言葉に当たる英語の中から、
いろいろなことがあったけれど、気持ちを切り替えて前へ進もうという意味合いがある
「Just Move On!」を選びました。
気持ちが迷い、前に進むことをちょっと躊躇してしまうときに、
この曲が背中を軽く「ポン」と押すことができたならこの上なく嬉しいです。
(東北大学学友会マンドリン楽部第51回定期演奏会プログラムより)

この曲は、東北大学学友会マンドリン楽部の委嘱により2016年に初演されました。
前の年に第50回定期演奏会を迎えられ、
「新たな歴史のはじまりとして、前へ前へと力強く踏み出していこうとする思いが詰まった」
「穏やかな曲調から、軽快で明るく爽やかな未来を表現するような曲調へ変化する」曲として依頼がありました。
初演では、シーンごとに音の響きの色が変わり、曲のイメージを効果的に音にしていただき、すばらしい演奏でした。