次の作品へ  作品紹介へ戻る

トランペット吹きの休日 Bugler’s Holiday
作曲者:ルロイ・アンダーソン Leroy Anderson
編曲年月:2015年7月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:3分
初演:京都教育大学マンドリンクラブ(2015年11月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(2’29’’) トランペット吹きの休日(YouTube)

[曲目解説]
ルロイ・アンダーソンはアメリカの作曲家で、
親しみやすい曲を数多く作曲し、様々なシーンにて演奏されています。
また、小学校の音楽鑑賞にも多くの曲が使われています。
この曲は、運動会の徒競走のBGMとしてもよく使用されており、
トランペット3本が軽快に掛け合い、曲を通して活躍します。
この曲をマンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
トランペットパートをマンドリン3パートに移し替えるのではなく、
全体のアンサンブルとして楽しめるようにしました。

この曲は、京都教育大学マンドリンクラブの委嘱により「ルロイアンダーソンメドレー」として
編曲したものから、1曲を取り出しフルサイズに再構成したものです。
小学校の鼓笛部でトランペットを演奏していた私は、この曲のタイトルを知ったときに、
あんなに演奏が大変なのに、どうして「休日」なんだろう、と思ったものです。