次の作品へ  作品紹介へ戻る

上を向いて歩こう
作曲者:中村八大
編曲年月:2012年4月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Mandolone, Contrabass,
   2Percussions(Timpani/Drum Set) Mandolone、賛助打楽器なしでも演奏可能です
演奏時間:5分
初演:龍谷大学マンドリンオーケストラ(2012年5月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)


[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(4’44’’) 
上を向いて歩こう(YouTube)

[曲目解説]
この曲は、1961年に発売された坂本九氏の代表曲で、
1963年には、「SUKIYAKI」のタイトルで全米ビルボードチャート1位を獲得しました。
作詞は永六輔氏、作曲は中村八大氏です。
坂本九氏を含め、「六八九トリオ」と呼ばれました。
発売当初から大ヒットし、1962年の春の高校野球入場行進曲にも採用されました。
今日に至るまで、さまざまなアーティストによってカバーされています。
東日本大震災後は、復興ソングとして被災地で多くの方に歌われたそうです。
この曲を、マンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
全てのパートにメロディがあります。

この曲は、龍谷大学マンドリンオーケストラの委嘱によりアンコール用に編曲しました。
編曲の際の要望に、「最初が静かに始まり、途中から徐々に壮大になっていき、
最後で再び静かな雰囲気になって終わる」というものがありました。
この曲はぜひ聴いている方に口ずさんでいただきたかったので、
中間部は歌のテンポ、雰囲気を採用しています。
曲の冒頭で、マンドリンのdiv.のトレモロが上から順に下降してくるところは、
演奏した方に「星降るアレンジ」と名付けていただいて、とても嬉しかったです。