次の作品へ  作品紹介へ戻る

シング・シング・シング Sing, Sing, Sing
作曲者:ルイ・プリマ Louis Prima
編曲年月:2015年2月
編成A マンドリンオーケストラ6パート版
   :Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
編成B フルート加筆版
   :Flute, Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass

演奏時間:4分
初演:
編成A 同志社女子中高マンドリンクラブ(2012年10月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)
   2種類の編成の楽譜がありますので、ご注文の際はA、Bいずれかをご指定下さい。
CD:「東北大学学友会マンドリン学部 第51回定期演奏会」に収録
(編成B)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(4’09’’) 
シング・シング・シング(YouTube)(編成A)

[曲目解説]
この曲は、ジャズの名曲として知られており、
主にビッグバンド、吹奏楽の編成で演奏されることが多いです。
映画「スウィングガールズ」でも取り上げられ、話題になりました。
長く続くドラムソロが印象的です。
この曲を、マンドリンオーケストラの編成に編曲しました(編成A)。
曲の始まりは、各パートが楽器を叩く音のみで始まります。
また、打楽器を使用していないため、ドラムソロの部分はカットしています。

この曲は、ARTE MANDOLINISTICAの委嘱により編曲した「スウィングガールズメドレー」の中の
ラストナンバーで、同志社女子中高マンドリンクラブの委嘱により1曲で再構成し、
打楽器なしで演奏できるようにしました。

また、2013年には、ARTE MANDOLINISTICAのなつやすみマンドリンコンサートで、
楽器紹介ができるよう、各パートの見せ場があるバージョンも作成しました(ドラムセット入り)。

さらに、東北大学学友会マンドリン楽部の委嘱により、フルートを加えた版を作成しました(編成B)。
各楽器のソロに加えて、フルートのソロ部分を追加しました。