次の作品へ  作品紹介へ戻る

生まれてはじめて For the First Time in Forever
作曲者:Kristen Anderson-Lopez, Robert Lopez
編曲年月:2014年6月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Mandolone, Contrabass,
   2Percussions(Suspended Cymbal, Bass Drum/Timpani, Wind Chimes)
   Mandolone、賛助打楽器なしでも演奏可能です
演奏時間:4分

初演:ARTE MANDOLINISTICA(2014年8月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(演奏動画)(18’32’’) 組曲「アナと雪の女王」(YouTube)(「生まれてはじめて」は1:15ー5:36)
演奏:ARTE MANDOLINISTICA(なつやすみマンドリンコンサート2014より)

[曲目解説]
この曲は、2013年に公開されたディズニー映画「アナと雪の女王」の中で登場するナンバーです。
(映画については、「レット・イット・ゴー ーありのままでー」をご覧下さい。)
この曲は、姉のエルサが戴冠式を迎える日に、今まで閉ざされていたお城が開け放たれ、
自由になる喜びをアナがコミカルに歌います。
エルサが、戴冠式で魔法の力を悟られないように覚悟を決める想いも同時に歌われます。
アナ役の神田沙也加氏の演技がシーンに合っていて、チョコを食べながら歌うところが印象的です。
この曲をマンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
原曲通りの調性で編曲したので、2コーラス目の転調部分(変ト長調、調号はフラット6つ)は難易度が高めです。

この曲は、ARTE MANDOLINISTICAの委嘱により、
なつやすみマンドリンコンサート2014にて組曲「アナと雪の女王」の中の1曲として初演されました。
組曲「アナと雪の女王」の演奏では、団員(司会役の方です)の脚本による寸劇がはさまれ、
映画のシーンを思い出しながら、楽しく聴くことができました。
司会の方の進行は、声がよく通ってかっこよかったです。