次の作品へ  作品紹介へ戻る

あとひとつ
作曲者:FUNKY MONKEY BABYS、川村結花
編曲年月:2013年12月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:5分
初演:同志社香里中高マンドリンクラブ(2014年1月)

楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(5’29’’) あとひとつ(YouTube)

[曲目解説]
この曲は、2010年に発売されたFUNKY MONKEY BABYSのヒット曲で、
朝日放送の第92回夏の高校野球の応援ソングとして、テレビで流れていました。
FUNKY MONKEY BABYSのシングルのジャケットでは、有名人がよく起用されていますが、
この曲は当時東北楽天ゴールデンイーグルスの投手、田中将大氏が起用されています。
2013年の日本シリーズ第7戦で、9回裏に田中将大氏が登板する際、
ファンによるこの曲の大合唱は、非常に感動的なシーンでした。
あきらめないでいつか夢が叶うときを信じて頑張ろう、というメッセージが強く伝わってきます。
この曲をオルゴールアレンジしたものが、メンバーの地元にある京王八王子駅の接近メロディとして使われています。
この曲をマンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
このアレンジでは、どのパートにもメロディがあります。

この曲は、 同志社香里中高マンドリンクラブの委嘱により編曲し、第44回定期演奏会で初演されました。
中サビのあとのサビでは、1小節ずつ各パートがメロディをつなぐところがありますが、
みんなの気持ちをつないでいって、一つの想いを奏でてほしい、という願いを込めました。