次の作品へ  作品紹介へ戻る

小組曲 Petite suite
作曲者:ドビュッシー Claude Debussy
編曲年月:2012年8月
編成:Flute, Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,
   4Percussions(Timpani/Triangle/Tambourine/Suspended Cymbal) フルートはカットできません
演奏時間:第1曲4分 第2曲3分 第3曲4分 第4曲3分
初演:東北大学学友会マンドリン楽部(2012年12月)
楽譜:全曲8,000円 各曲2,000円(スコア、パート譜)
CD:「東北大学学友会マンドリン楽部 第47回定期演奏会」に収録

[曲目解説]
この曲は、フランスの作曲家ドビュッシーがピアノ4手連弾のために作曲した組曲です。
楽曲は、第1曲「小舟にて」第2曲「行列」第3曲「メヌエット」第4曲「バレエ」の全4曲からなります。
それぞれ親しみやすい旋律やリズムが楽しく、
アンリ・ビュッセルによってオーケストラ曲に編曲されたことで、より多くの人に知られることとなりました。
この4曲を、フルート入りのマンドリンオーケストラに編曲しました。
フルートの音色とマンドリンオーケストラの音色がそれぞれに生きるような響きを目指しました。
第3曲ではフルートを使用せず、マンドリンオーケストラもピッキングのみで演奏されます。

この曲は、東北大学学友会マンドリン楽部の委嘱により編曲したものです。
初演のCDを聴かせていただきましたが、4曲の個性を弾き分けていて、聴き応えのある演奏でした。
フルートの難しいパッセージも軽やかに演奏され、第3曲のピッキングの音色の美しさも印象的でした。