次の作品へ  作品紹介へ戻る

アルハンブラの思い出 Recuerdos de la Alhambra
作曲者:タルレガ Francisco Tárrega
編曲年月:2012年9月
編成:Violoncello, Guitar
演奏時間:5分
楽譜:2,000円(スコア、パート譜)

[試聴(MP3ファイル)]
全曲(デモ音源)(7.4MB 5’08’’) Recuerdos_de_la_Alhambra.mp3

[曲目解説]
この曲は、近代ギター音楽の父と呼ばれる、スペインの作曲家、ギタリストである
フランシスコ・タルレガが作曲したギターソロ曲です。
タイトルは「アルハンブラ宮殿の思い出」と言われることもあります。
技術的に難易度の高いトレモロ奏法を駆使した曲としても有名で、
その効果と美しい旋律で、タイトルを知らなくても一度は聴いたことがあるのではないでしょうか。
この曲をチェロとギターの二重奏に編曲しました。
ギターパートは、曲の半分は原曲通りのトレモロ奏法になっています。

今回は、チェロを趣味で演奏している方が、ギタリストと共演するにあたり、
この曲を一緒に弾きたいというご要望にお応えして編曲しました。
アルハンブラ宮殿の庭には噴水があり、タルレガはそれをヒントに作曲したと言われています。