次の作品へ  作品紹介へ戻る

G線上のアリア
作曲者:バッハ Johann Sebastian Bach
編曲年月:2012年8月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Mandolone, Contrabass
演奏時間:4分
初演:龍谷大学マンドリンオーケストラ(2012年11月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(MP3ファイル)]
全曲(デモ音源)(6.2MB 4’18’’) AriaOnG-BWV1068.mp3

[曲目解説]
この曲は、J.S.バッハ作曲の管弦楽組曲BWV1068の第3番ニ長調より第2楽章「アリア(エア)(Air)」が原曲です。
「G線上のアリア」という曲名は、ヴァイオリニストのウィルヘルミによる
ヴァイオリンとピアノの編曲版において、ヴァイオリンの奏でる旋律が、
楽器の一番低い弦(G線)のみで演奏できるようにニ長調からハ長調に移調したものを指しますが、
現在では原曲もこのタイトルで親しまれ、さまざまなところで演奏されています。
この曲をマンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
原曲の雰囲気を残しつつ、マンドリンオーケストラならではの響きを楽しめるようにしました。

最初の6小節は各パートのソロで演奏します。

この曲は、龍谷大学マンドリンオーケストラの委嘱により編曲したものです。
原曲では前半と後半をそれぞれ繰り返すのですが、
この編曲では、オーケストレーションを変えて、いろいろな楽器で旋律を担当しています。