次の作品へ  作品紹介へ戻る

交響曲第2番ホ短調第3楽章
作曲者:ラフマニノフ Sergei Rachmaninoff
編曲年月:2012年3月
編成A 抜粋版
   :Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Mandolone, Contrabass,
Timpani
編成B 全曲版
   :Flute(3div.あり), Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,
    Timpani フルートはカットできません
演奏時間:編成A 9分 編成B 15分

初演:編成A ARTE MANDOLINISTICA(2012年4月)
   編成B 東北大学学友会マンドリン楽部(2014年12月)

楽譜:6,000円(スコア、パート譜)
   2種類の編成の楽譜がありますので、ご注文の際はA、Bいずれかをご指定下さい。

CD:「ARTE MANDOLINISTICA 京都公演2012『アルテの挑戦vol.2』」に収録(編成A)
   「東北大学学友会マンドリン楽部 第49回定期演奏会」に収録(編成B)

[試聴(YouTube)]
全曲(演奏動画)(8’41’’) 
交響曲第2番ホ短調第3楽章より(YouTube)(編成A)
演奏:ARTE MANDOLINISTICA(京都公演2012「アルテの挑戦vol.2」より)
全曲(演奏動画)(8’41’’) 交響曲第2番ホ短調第3楽章より(YouTube)(編成A)
演奏:レヴァンテマンドリンオーケストラ(第9回演奏会盛岡公演より)

[曲目解説]
ロシアの作曲家ラフマニノフが1907年に作曲した交響曲第2番ホ短調作品27は、
彼の交響曲の中では一番人気が高く、ラフマニノフらしい息の長い美しい旋律が特徴的です。
2012年にはサッカーの三浦和良選手の登場する缶コーヒーのTVCMで、
マンドリンとストリングスにより軽やかにアレンジされているバージョンが使用されました。
この曲をマンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
全体で演奏時間が15分程ですが、これを抜粋し約9分で演奏できるようにしてあります。


これは、ARTE MANDOLINISTICAの委嘱により編曲したものです(編成A)。
ロシアをテーマとした演奏会のアンコールで初演されました。
オーケストラではクラリネットが担当しているメロディはマンドラのソロで演奏され、
その繊細で叙情的な表情、特に高音での切ない音色に心を奪われました。

また、東北大学学友会マンドリン楽部の委嘱により、抜粋だったものを全曲にして、フルートを加筆しました(編成B)。