次の作品へ  作品紹介へ戻る

夜明けのスキャット
作曲者:いずみたく
編曲年月:2012年4月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,
   2Percussions(Cajon/Finger Cymbals)

演奏時間:3分
初演:マンドリンアンサンブルいずみ(2012年8月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)

[試聴(YouTube)]
全曲(デモ音源)(3’10’’) 夜明けのスキャット(YouTube)

[曲目解説]
この曲は、1969年に由紀さおり氏の歌により発表されたシングルで、
オリコンの1969年年間ヒットチャートで1位となりました。
1番は全て歌詞がなく、スキャットで歌われているのが特徴的ですが、
これは、ラジオ番組のテーマ曲として作られたからだそうです。
由紀さおり氏のストレートな歌声と歌唱力に、いずみたく氏作曲によるシンプルなメロディと
渋谷毅氏による大人の雰囲気を醸し出すアレンジが、独特のサウンドを作り出しました。
2011年に発表された由紀さおり&ピンク・マルティーニのアルバム「1969」でもセルフカバーされています。
原曲の雰囲気を大切にして、シンプルに編曲しました。


この曲は、マンドリンアンサンブルいずみの委嘱により、
「組曲1969」の1曲として編曲したものです。
初心者の団体であることを考慮し、技術的に易しく編曲されています。
スキャットの曲と言えば、寺尾聰氏の「シャドー・シティ」が思い出されます。