次の作品へ  作品紹介へ戻る

あしたの天気はかえられる
作編曲年月:2005年4月
作:舟橋実生菜 脚色:杉原美知子 美術:杉原高行 演出:人形劇団紙ひこうき
上演団体:西春子ども人形劇団ひまわり(人形劇団紙ひこうき)

[試聴(MP3ファイル)]
テーマ曲(3.0MB 2’09’’) tenki.mp3

[あらすじ]
みーちゃんとたっちゃんのお父さんは二人に明日遊園地に連れていってあげるよと
言ってくれますが、明日は台風が来て大雨の予報です。
二人はあした晴れるようにと、テルテルぼうずを作ってお願いしますが・・・
(にしはるパペットフェスタ2005パスポートより)

この作品は、「ふわふわ森のなかまたち」と同様、第4回にしはるおはなし大賞受賞作品を人形劇に
したものです。この時は、人形劇団紙ひこうきの指導の元に、子どもたちが人形作りから参加して
(五条小学校の1年生から4年生までの10人)、本番も元気な声で演じてくれました。
音楽は、テーマ曲を繰り返し使っています。

2009年8月には、人形劇団紙ひこうきによるパネルシアター「あしたの天気はかえられる?」として
再演されました。
シンプルなパネルシアターならではの動きから、パネルを飛び出していろいろな仕掛けがあったり、
登場人物の台詞も楽しく、素晴らしい舞台でした。