次の作品へ  作品紹介へ戻る

いもむしぼうや
作編曲年月:2002年10月
作:杉原美知子 美術:丹下進、杉原高行 演出:丹下進、戸崎美子
上演団体:人形劇団紙ひこうき

[試聴(MP3ファイル)]
全曲(13.2MB 9’35’’) imomushi.mp3

[あらすじ]
いもむしくんとたんぽぽくんは大のなかよし。
二人でいっしょにいるとたんぽぽくんがだんだんとしおれてきます。
いもむしくんが悲しんでいるとそこにかまきりが・・・
(人形劇団紙ひこうき30周年記念シルバー公演プログラムより)

この作品は、ひまわりホールの人形劇講座(講師は丹下進氏でした)の作品のうちの一つで、
人形劇にはじめて作曲した思い出の作品です。
台本には台詞は全くなく、人形の動きと舞台転換、それと音楽だけで語るというもので、
大変でしたがやりがいがありました。9分半、止まることなく音楽は続きます。
音楽で効果音などを暗示するというところで、参考に「トムとジェリー」のビデオを見たり。
何度か再演されているようで、とても嬉しいです。