次の作品へ  作品紹介へ戻る

マーチ「カシオペア」 March “CASSIOPEIA”
作曲年月:2006年4月
編成:2Fl. Picc. Ob. Bn. Eb Cl. 3Bb Cl. Alt.Cl. Bas.Cl. Sop.Sax. 2Alt.Sax. Ten.Sax. Bar.Sax. 4Hrn. 3Trp. 3Trb. Euph.
   Tub. Cb. 5Percussions(Timp. Tamb./Glock. Xylo. Tri./Cym. Tamb. Tri./S.D./B.D.)

演奏時間:4分
初演:幸田シンフォニックバンド(2007年3月)

[試聴(MP3ファイル)]
全曲(4.9MB 3’32’’) cassiopeia.mp3
演奏:幸田シンフォニックバンド(第7回定期演奏会より)

[曲目解説]
学生の頃、休みを利用して寝台列車で名古屋から長崎まで一人旅に出た。
特に長崎に行きたかったわけではなく、ブルートレインに乗ってみたかったのだ。
せっかくの機会なので、片道だけでも個室でと思っていたのだけど、
みどりの窓口の方は、私がよほど貧乏学生に見えたのか、「個室は高いから、この切符がいいよ」と、
普通の寝台の往復切符をしつこく勧めてくるので、結局押し切られて購入してしまった。
初めての寝台列車の旅はもちろん楽しかったけれど、少し心残りがあったりする。
さて、この曲のタイトルの「カシオペア」とは、JR東日本の寝台特急の名前である。
2階建てオール個室のこの特急は、いわば動くホテルといった感じで、
およそ17時間かけて、ゆったりとリッチでゴージャスな旅をすることができるのだ。
いつかこの列車に、乗り物好きの息子も連れて家族みんなで乗れたらいいなと思っている。
さあ、優雅な時間をのせて、星空の下を駆け抜ける「カシオペア」の旅が始まります。
短い時間ですが、わくわくする気持ちでお聴きいただけると嬉しいです。
(幸田シンフォニックバンド第7回定期演奏会プログラムより)

この曲は、朝日作曲賞(吹奏楽コンクールの課題曲公募)に応募したものです。
残念ながら試奏審査に進むことはできませんでしたが、演奏会の編曲をさせていただいた縁で、
幸田シンフォニックバンドに初演していただくことができました。
奏者の方々の感想はそろって「難しい」とのこと、「課題曲にはもっと易しくしないと」などの
アドバイスをいただきました。
デモ音源を家で何度も流していたので息子はイントロの1小節を聴くと、「カシオペア!」と叫びます。
ああ、でもいつか本当に寝台特急カシオペアに乗りたいなあ!