次の作品へ  作品紹介へ戻る

月の剣(つるぎ)ークレセントー
作曲年月:2007年11月
編成:Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
演奏時間:9分
初演:Mandolin Ensemble Dormitina(2009年10月)
楽譜:5,000円(スコア、パート譜)

[試聴(MP3ファイル)]
全曲(12.9MB 9’29’’) crescent.mp3
演奏:Mandolin Ensemble Dormitina(第1回定期演奏会より)

[曲目解説]
月の剣とは、三日月の異名の一つです。
陰暦では新月を一日目にカウントするため、三日目の月は月齢2にあたり、
一般にイメージされる三日月よりもはるかに細く鋭い形をしています。
月の裏側は地球からは見ることができない、ということを知り、
月の持つ叙情的かつ神秘的な面と、冷たさの裏側にある攻撃的な面を思い描きました。
初めはつかみどころのない短いモチーフが揺れながら消えていき、
その後テンポが上がり5/8拍子になると、旋律、リズムが鋭角的に攻めていきます。
最後には、(次の日は月齢が増えるため)一日で消えてしまうはかなさが表現されています。

この曲は、昔コントラバスとピアノのために書いた曲をリライトしました。
元のタイトルは「Reversible Paper Moon」というのですが、
三日月はpaper moonとは言わなかった様ですね(今回調べて知りました)。
優しそうな月の光にも、実はまだ見せたことのない裏側にはとても暴力的なものが
潜んでいるのではないか、そんなことを想像して書いた記憶があります。
自分の曲の中では初めて、「上駒と糸巻きの間を弾く」ということもしてみました。
前半と後半のコントラストを楽しんでいただけると嬉しいです。

Mandolin Ensemble Dolmitinaの初演では、指揮なしで演奏され、
前半の揺らぎや後半のリズムの鋭さを、うまく表現していただきました。