次の作品へ  作品紹介へ戻る

AQUA EXPRESS(アクアエクスプレス)
作曲年月:2009年12月
編成A 初演版
   :Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Mandolone, Contrabass
    Mandoloneなしでも演奏できるように小音符を加えてあります
編成B フルート加筆版
   :Flute(div.あり), Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Mandolone,
    Contrabass
 Mandoloneなしでも演奏できるように小音符を加えてあります
演奏時間:11分

初演:編成A ARTE MANDOLINISTICA(2010年3月)
   編成B 東北大学学友会マンドリン楽部(2012年12月)

楽譜:6,000円(スコア、パート譜)
   2種類の編成の楽譜がありますので、ご注文の際はA、Bいずれかをご指定下さい。
CD:「ARTE MANDOLINISTICA 3人の作曲家達II&III」に収録(編成A)
   「東北大学学友会マンドリン楽部 第47回定期演奏会」に収録(編成B)


[試聴(YouTube)]
全曲(演奏動画)(10’21’’) AQUA EXPRESS(YouTube)(編成A)
演奏:レヴァンテマンドリンオーケストラ(第17回東北マンドリンフェスティバルより)
全曲(演奏動画)(10’13’’) AQUA EXPRESS(YouTube)(編成A)
演奏:マンドリンアンサンブルちぇりーず!(4th LIVE!より)
全曲(演奏動画)(10’02’’) AQUA EXPRESS(YouTube)(編成B)
演奏:ガロリアマンドリンオーケストラ(第17回定期演奏会より)

[曲目解説]
息子がのりもの好きのため、一緒にのりものの絵本や図鑑を読むようになりました。
電車の図鑑などでかっこいい車両を見つけると、その多くがJR九州のものであることに驚きます。
「九州新幹線800系つばめ」「ゆふいんの森(キハ72系)」「ソニック(883系)」
「かもめ(885系)」「リレーつばめ(787系)」など、独創的で魅力ある車両が数多く走っていますが、
これらの特急電車のデザインを手がけているのが工業デザイナー水戸岡鋭治氏です。
確固たるポリシーを持ち、先入観にとらわれず、乗客の気持ちになって生み出されるそのデザインは、
とても惹かれるものがあり、これらの車両に乗るためだけに、九州へ行ってみたくなります。
その水戸岡鋭治氏が初めて車両デザインした特急が「アクアエクスプレス」です。
今回、自分の中のいろいろな見栄や雑念を取り払い、純粋に好きな曲を作ろう、と思って作曲しました。
この曲に「アクアエクスプレス」と名付け、自分がもう一度思いを新たにして、
一歩ずつ前に進んでいこうという気持ちを表しました。
聴いていただいた方がこれから何かをスタートしようという時に、
笑顔で背中を押すような、元気に歩き始められるような、そんな願いを込めて。
(ARTE MANDOLINISTICA大阪公演2010「3人の作曲家達III×2」プログラムより)

この曲は、6人の作曲家によるオール新作初演プログラムの中の1曲として
ARTE MANDOLINISTICAに委嘱されたものです(編成A)。
メロディは親しみやすく、なおかつ音楽的に説得力のある楽譜を目指しました。
モチーフの3度跳躍と順次進行を核に全体が構成されていて、
上昇する音型は、未来へ向かってゆく前向きな気持ちを表しています。
ARTE MANDOLINISTICAによる初演は、120人近くの大編成でありながら
細かな動きもはっきりと聴こえ、それでいて熱い思いのこもった、とても素晴らしい演奏でした。

2012年には東北大学学友会マンドリン楽部の委嘱により、
フルートを加えた編成に再構成いたしました(編成B)。
ギターソロの部分は、フルートとギターの二重奏にして、新たなイメージを加えています。