次の作品へ  作品紹介へ戻る

セイリング・デイー出航ー
作曲年月:2011年12月
編成A マンドリンオーケストラ6パート版
   :Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass
編成B フルート加筆版
   :Flute, Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass

演奏時間:4分
初演:編成A ARTE MANDOLINISTICA(2012年2月)
楽譜:3,000円(スコア、パート譜)
   編成Aは
ARTE MANDOLINISTICAより販売しており、こちらでは販売しておりません。
   編成Bのみこちらで販売しております。ご注文の際は、編成Bとご指定下さい。


[試聴(YouTube)]
全曲(演奏動画)(4’08’’) セイリング・デイー出航ー(YouTube)(編成A)
演奏:ARTE MANDOLINISTICA(第12回井上泰信マンドリン門下生発表会より)

[曲目解説]
近くの港へ、練習帆船日本丸のセイルドリル(帆を張る訓練)を見に行ったことがあります。
全部で36枚ある白い帆を生徒さんが1枚ずつ力を合わせて張っていきます。
当日はとても良い天気で、青空に広がる白い帆がとても美しかったです。
「セイリング・デイ(Sailing Day)」とは、船出の日のことで、
まさにこれから旅立とうとする大きな帆船のイメージです。
この曲には、何かが始まる時、何かを始める時に感じるワクワクドキドキした気持ちをこめました。
コンサートマーチの形式です。
旋律が変わるところでメリハリがつくように、また各楽器の役割をしっかり弾き分けると、
曲の構成がはっきり伝わると思います。
全員が同じテンポを感じて、楽しく演奏してもらえると嬉しいです。

この曲は、ARTE MANDOLINISTICAの委嘱により、
第1回全日本マンドリン合奏コンクールの課題曲として作曲したものです(編成A)。
たくさんの団体が演奏する曲、そしてコンクール第1回目の委嘱ということでプレッシャーもありましたが、
シンプルでありながら、長い時間取り組むことのできる、
またコンクール以外でも演奏できるような楽しい曲を目指しました。
全てのパートにメロディを担当する箇所が出てきます。
完成した楽譜を送っていただいた時、表紙が白かったのが曲に合っていて嬉しかったです。

また、國學院大學マンドリンクラブの委嘱により、フルート加筆版を作成しました(編成B)。