次の作品へ  作品紹介へ戻る

ピアノ協奏曲第2番 ハ短調作品18 Piano Concerto No.2 in C minor, Op.18
作曲者:セルゲイ・ラフマニノフ Sergei Rachmaninoff
編曲年月:2010年4月
編成:Violoncello, Piano
演奏時間:15分
楽譜:4,000円(スコア、パート譜)

[試聴(MP3ファイル)]
第1楽章(デモ音源)(4.8MB 3’29’’) PianoConcerto2-1MOV.mp3
第2楽章(デモ音源)(8.2MB 5’57’’) PianoConcerto2-2MOV.mp3
第3楽章(デモ音源)(6.4MB 4’40’’) PianoConcerto2-3MOV.mp3

[曲目解説]
ロシアの作曲家ラフマニノフによる2番目のピアノ協奏曲は、
美しい旋律と華やかなピアノパートなどから、とても人気のあるピアノ協奏曲です。
映画音楽やフィギュアスケートの音楽などにも使用され、
ドラマ「のだめカンタービレ」でも登場人物の千秋真一がピアノを演奏しています。

この曲をチェロでたっぷり演奏してみたい、との依頼があり、
全体の中で特に美しい旋律を選び、チェロとピアノの二重奏に編曲しました。
それぞれの楽章ごとのダイジェスト版になっています。
原曲がピアノ協奏曲なので、ピアノの出番も残しつつ、甘い旋律をチェロで楽しめる構成になっています。
ピアノパートは、原曲の雰囲気を残しながら易しくなるようにしましたが、
それでも若干難しいかもしれません。