次の作品へ  作品紹介へ戻る

スラヴ舞曲第1、8番
作曲者:ドヴォルザーク Antonín Dvořák 
編曲年月:2014年8月
編成:Piccolo, Flute(div.あり),
   Mandolin1, Mandolin2, Mandola-Tenor, Mandoloncello, Guitar, Contrabass,
   4Percussions(Timpani/Bass Drum/Cymbals/Triangle) フルートはカットできません
演奏時間:第1番4分 第8番4分

初演:東北大学学友会マンドリン楽部(2014年12月)  
楽譜:各曲3,000円(スコア、パート譜)
CD:「東北大学学友会マンドリン楽部 第49回定期演奏会」に収録

[試聴(YouTube)]
全曲(演奏動画)(34’23’’) 
東北大学学友会マンドリン楽部第49回定期演奏会第1ステージ
 (第1番は3:30ー7:57、第8番は13:40ー17:58)

演奏:東北大学学友会マンドリン楽部(第49回定期演奏会より)

[曲目解説]
出版社が、ブラームス作曲の「ハンガリー舞曲」の成功を受けて、
ドヴォルザークに、ボヘミアの民謡を基にしたピアノ連弾曲集の作曲を依頼して発表された
この曲集はすぐに人気となりました。第1集(全8曲)に続き、第2集(全8曲)も作曲され、
作曲者自身により全ての曲の管弦楽編曲も行われました。
曲番は第1集(作品46)と第2集(作品72)の、別々の通し番号の場合と、
続けての通し番号の場合と、2種類あります。
この曲集の中から、第1番(第1集第1番)、第8番(第1集第8番)を
フルート入りマンドリンオーケストラの編成に編曲しました。
第1番、第8番は「フリアント」というボヘミアの民族舞曲の形式で、変則的なリズムと力強い曲想が特徴的です。


これらの曲は、東北大学学友会マンドリン楽部の委嘱により編曲し、第49回定期演奏会にて初演されました。
第1番、第10番、第8番の順で演奏されています。
ボヘミア(チェコ)出身の作曲家スメタナは、歌劇「売られた花嫁」の中で、村人が踊るシーンの一つに
「フリアント」を使用しています。